マナティー 頭蓋骨レプリカ

型番 BC-BC-046
販売価格 61,000円(税込65,880円)
購入数

マナティー科(マナティーか、Trichechidae)は、動物界脊索動物門哺乳綱カイギュウ目(海牛目)に属する科である。
アフリカ大陸、北アメリカ大陸東部、南アメリカ大陸北部、キューバ、ジャマイカ、ドミニカ共和国、トリニダード・トバゴ、ハイチに棲息する。河川や湖、河口、沿岸などに生息する。海域にも生息するが、アマゾンマナティーは淡水域のみに生息する。主に単独で生活するが、小規模な群れを形成することもある。食性は植物食で、海草や水生植物を食べるが、海藻や水辺にある陸生植物を食べる事もある。
最大種はアメリカマナティーで最大体長390cm。最大体重1500kgと本科のみならず現生のカイギュウ目最大種(アフリカマナティーの最大体長は335cmだが、この個体の頭骨が通常の成体より小型だったため体長400cmに達するとする説もある。しかし確実な記録はない)。最小種はアマゾンマナティーで体長250-300cm。体重350-500kgと本科のみならず現生のカイギュウ目最小種。鼻孔は吻端前方に開口する。尾鰭はオールや杓文字状。
骨は比重が重く、潜水がしやすくなっている。哺乳綱では本科のみ頚椎が6個しかない。門歯が無く、大臼歯のみ(出産直後の幼獣には小臼歯もある)ある。歯は後方から永続的に生え歯列が前方へ移動し、代わりに前方の歯は抜け落ちる。これは食物とする植物に珪酸が含まれているため、歯が磨耗する事に対する適応だと考えられている。体内には大量の脂肪が蓄えられ、これにより飢えやある程度の水温の変化にも耐える事ができる。代謝能力が低いため低水温には弱いが、酸素の消費が少ないため潜水には適している。潜水中も心拍数が下降する事はなく、呼吸する前には逆に心拍数が上昇する。緊急時には1分あたりの心拍数を8回まで下降することができ、これにより生命維持に必要な器官にだけ酸素を含んだ血液を集める事ができる。

大きさ:35.6×21.6×22.9cm




画像の使用および説明文の引用に関しては、Bone Cloes社の公認を受けています。


Bone Cloes社の骨格標本に関するご希望はこちらからどうぞ

Your recent history

About the owner

Naoki

店長のNaokiです。
当店は、本格的骨格標本専門店です。
日本では入手困難な逸品をお手頃価格でお客様にお届けできるよう努力してまいります。
店頭にない商品もお取り寄せ致しますので、お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせはこちらから。お気軽にお問い合わせ下さい。

Mobile