ホモ・ルドルフエンシス 頭蓋骨模型(KNM ER 1470)

型番 BC-BH-013
販売価格 34,000円(税込36,720円)
購入数

スタンドなし
スタンド付
ホモ・ルドルフエンシス (Homo rudolfensis) は、1972年に人類学者リチャード・リーキー (Richard Leakey) と妻の動物学者ミーブ・リーキー (Meave Leakey) が率いた探検隊のメンバーだったバーナード・ンゲネオ (Bernard Ngeneo) が、ケニアのトゥルカナ湖東岸で発見した化石人類の一種である。
ホモ・ルドフエンシスについても、これをヒト属に入れるか否かで激しい論争があった。頭部以外の確かな化石は全く発見されていないにも関わらず、ホモ・ルドフエンシスも長い距離を歩くための小さな尻、機能的な発汗機能、狭い産道、腕より長い脚、大きな白目、少ない体毛など後のヒト属が持つ多くの特徴を欠いていると推定された。多くの科学者は大きな脳と二足歩行を除いて、サルに近かったと考えている。
2007年3月、ニューヨーク大学の人類学者Timothy Bromageの率いるチームがKNM-ER 1470の頭蓋骨の再構成に成功した。頭蓋の形はかなりサルに近く、推定される脳の容積も752ccから526ccに減少した。

サイズ:20.6×12.4×16.2cm

画像の使用および説明文の引用に関しては、Bone Cloes社の公認を受けています。


Bone Cloes社の骨格標本に関するご希望はこちらからどうぞ

Your recent history

About the owner

Naoki

店長のNaokiです。
当店は、本格的骨格標本専門店です。
日本では入手困難な逸品をお手頃価格でお客様にお届けできるよう努力してまいります。
店頭にない商品もお取り寄せ致しますので、お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせはこちらから。お気軽にお問い合わせ下さい。

Mobile