カバ 頭蓋骨レプリカ

型番 BC-BC-037
販売価格 218,000円(税込235,440円)
購入数

カバ(河馬、学名:Hippopotamus amphibius、英語名:Hippopotamus)は、アフロユーラシアの淡水域に棲息し、水陸両棲の形質を持つ、大型の草食性哺乳類の一分類群。鯨偶蹄目のカバ科に分類される動物であり、現在はアフリカにのみ生息する。
体長(頭胴長)約3.5- 4 m、体重約1.2- 2.6 t。陸上動物としてはゾウに次ぐ重さとされる。丸みを帯び、脚の短いずんぐりとした体つきがブタと相似をなすことから、同じイノシシ亜目 (Suiformes) に属するとされていた。 しかし、DNA分析の結果、カバはイノシシ類よりもウシと近縁であることが証明され、かつ、陸上動物の中ではクジラに最も近い遺伝的関係にあることが分かった。
頭部は非常に大きく、顔の側面上方に眼・鼻孔・外耳が一直線に並んで突き出しているのが特徴であり、水中からこれらだけを出して周囲の様子をうかがっている様子がしばしば見られる。鼻孔は自由に開閉することができ、水中での水の流入を防ぐことができる。顎の筋肉が非常に発達しており、関節の構造と相まって、口を150度まで開くことができる。この巨大な口には、長く先のとがった門歯と犬歯が生えている。
。1日のほとんどを水中で過ごしているが、陸上では時速40km以上で走る能力を持つ。しかし、持久力に乏しく、長距離走は苦手。草食性であり、夜間に陸上に上がり、草原などで採食している。平均寿命は約30年程度。

大きさ:76.2×50.8×50.8cm



画像の使用および説明文の引用に関しては、Bone Cloes社の公認を受けています。


Bone Cloes社の骨格標本に関するご希望はこちらからどうぞ

Your recent history

About the owner

Naoki

店長のNaokiです。
当店は、本格的骨格標本専門店です。
日本では入手困難な逸品をお手頃価格でお客様にお届けできるよう努力してまいります。
店頭にない商品もお取り寄せ致しますので、お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせはこちらから。お気軽にお問い合わせ下さい。

Mobile