ダイアオオカミ 頭蓋骨レプリカ(アンティーク仕様)

型番 BC-BC-020A
販売価格 38,000円(税込41,040円)
購入数

 
スタンドなし
スタンド付
ダイアオオカミ(Dire wolf)は、約180万- 約1万年前にアメリカ大陸に棲息していた、イヌ属の一種。ネコ目(食肉目)中のイヌ科- イヌ属に分類される絶滅種であり、現生するタイリクオオカミとは、先行する絶滅種であるアームブラスターオオカミを仲立ちとして近縁にあたる。体長約1.5m、尾長約0.5m、体高約0.8mと既知で史上最大のオオカミ、かつ、史上最大のイヌ科動物とされており、食性は腐肉食と考えられている。
頭部は幅広く、側頭窓と頬骨弓の拡大によって咬筋に大きな付着部を与えていた。また、顎は頑丈であり、長い歯を持っていた。この歯は摩耗の状態などから骨を噛み砕いていたと思われる。こうした特徴はハイエナやコヨーテなどに似ており、おそらく腐肉食であったことを示唆している。脳函は現生群に比して小さい。四肢はハイイロオオカミに比べると短いが、強力であり、先端にはやや丸みを帯びた引っ込まない鉤爪があった。

標本は、骨格標本らしいアンティーク仕上げとなっています。

大きさ:31.8×16.5×14.0cm



画像の使用および説明文の引用に関しては、Bone Cloes社の公認を受けています。


Bone Cloes社の骨格標本に関するご希望はこちらからどうぞ

Your recent history

About the owner

Naoki

店長のNaokiです。
当店は、本格的骨格標本専門店です。
日本では入手困難な逸品をお手頃価格でお客様にお届けできるよう努力してまいります。
店頭にない商品もお取り寄せ致しますので、お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせはこちらから。お気軽にお問い合わせ下さい。

Mobile